So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

日銀の金融政策変更の住宅ローンへの影響 [住宅ローン]

本日は3組のご相談がありましたが、
その内の1組は住宅ローンのご相談。

その中で、今後の金利動向のお話が出ました。

実は昨日、このお話しに大きな影響を与える発表がありました。

それは、9月20・21日に開催された
日銀の金融政策決定会合の結果について。


今回の会合では、過去3年半に及ぶ黒田総裁が主導する
日銀の金融緩和政策の検証が行われています。

検証結果によっては、日銀の金融政策が変更になり、
住宅ローンの金利動向にも影響が出る可能性があります。

発表を見てみると・・・


まず、これまでの金融緩和について。

金融環境は改善し物価の持続的な下落はなくなったと評価するものの、
消費者や企業の景気改善への期待が弱いために
思ったほど景気が上向きになっていない、とのこと。

そこで、今後どうするのか。結構大きな変更がありました。

これまでは主に資金を市場に供給すること(マネタリーベースの拡大)によって
消費や投資を呼び込み、景気回復につなげようとしていました。

今後は、一応マネタリーベースの拡大は続けつつ、
短期と長期の金利操作(イールドカーブ・コントロール)を行うとのこと。


短期の金利操作は、2月にスタートした
マイナス金利政策を継続することになります。
(マイナス幅の拡大は見送られています)

特筆すべきは、長期金利の操作を行う点。
これは世界的に見ても例がありません。

具体的には、このところマイナス0~0.1%の間にある
長期金利(日本の10年モノ国債の利回り)が低すぎると判断し、
0%程度で推移するようにコントロールするとのこと。

これは、金融機関の経営環境や年金などの資産運用の改善が狙いです。


これらの金融政策が住宅ローンの金利にどのように影響するか?

変動金利タイプについては、これまでの政策が
継続されることになるため、大きな変化はないと思われます。

そして10年以上の期間固定・全期間固定金利タイプについては、
短期的には若干上昇する可能性があります。

10月の上昇幅は銀行によって違うでしょうが、
0.05%~0.2%と言ったところでしょうか。

中期的には、「物価上昇年率2%」という目標を達成するまで
日銀は金融緩和を続ける予定ですので、
大きく住宅ローンの金利が上がる可能性は低いと言えます。


ただ・・・

長期金利の操作は世界でも例のない金融政策。
どのような影響が出るかは分かりません。

日銀の思惑通りいくかどうか???

一つだけ言えそうなのは、今年の8月が
住宅ローン金利の底だった、ということ。

今後、今の水準よりも住宅ローンの金利が下がることは
あまり期待しない方が良さそうです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

住宅取得の頭金はいくら出せばいい? [ファイナンシャルプランニング]

昨日は家づくりの資金計画のご相談がありました。

いくらまで予算を出してよいかとのことで、
家計の収支予測(キャッシュフロー表)を作成してのご相談です。


今後40年分のシミュレーションの結果、
預貯金もお持ちで家計的には大きな問題はありまでした。

そのまま資金計画のお話に進むのですが、
留意すべきこととして頭金についてお話ししました。

お手元の預貯金の中から頭金をお出しになるとのことだったのですが、
それはちょっと待った方がよいとお伝えしたのです。


一般的には頭金は多いほど良く、
できれば20%は出せると良いと言われています。

これには、
 ・ローン返済時の負担が軽くなる
 ・ローンの対象外の諸費用等に充当する
 ・ローンの金利が下がる可能性がある
などの理由があります。

ですので、頭金を出せるなら出すこと自体に
大きな問題はありません。

ただ、頭金を出さない方が良い、
もしくは出してはいけないケースというのがあるのです。


「頭金を出さない方が良いケース」というのは、
例えば住宅ローン減税を積極的に活用する場合。

住宅ローン減税は毎年末のローン残高の1%が戻ってくる制度ですので、
年収の高い方などは、頭金を増やして借入額が減ることで
住宅ローン減税で戻ってくる控除額が減ってしまう可能性があるのです。


今回のご相談者は「頭金を出してはいけないケース」。

まだお子様は小学生と中学生で、これから学費が
かかってくるのですが、その時の余力があまりありません。

予定通りいけばキャッシュフロー上決して赤字ではないのですが、
進学先が予定と変わって学費が上がった場合、
資金が足りなくなる可能性があるのです。

その時に教育ローンを借りるくらいなら、
いまある手元の資金を温存するために
住宅ローンの借入額を増やしておいた方がよい、という訳です。

ちょうどいまは史上空前の低金利で、
金利負担もあまり大きくありません。

将来「お金が無いから大学は国公立に行きなさい」
などと子どもに言わなくて済むメリットもあるでしょう。


キャッシュフロー表を作るとこんなことも見えてきます。
ぜひ家づくりをする際にはキャッシュフロー表を作ることをお勧めします。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

『実例で見る 失敗しない家づくりの資金計画』セミナー開催します

昨日、今日と平日にもかかわらず、
資金計画・住宅ローンのご相談をお受けしました。

「いくらまで予算を出せる?」
「どうやって住宅ローンを借りる?」

といったご質問をお受けしました。


これらのご質問、家づくりを考える誰にとっても重要な関心事でしょう。

そこで、家づくりの資金計画や住宅ローンの基本から
お得な借入方法まで、セミナーにてお話しします。

今回は、特にさまざまな事例を織り交ぜてお話しする予定です。
皆さまのご参加お待ちしています!


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  第58回住まいづくりアカデミー 10月1日に中日ビルにて開講!
     『実例で見る 失敗しない家づくりの資金計画』
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 “住宅資金”は人生の三大資金の一つ。安心な資金計画やおトクな住
 宅ローン選び、しっかり活用したい税制優遇などを、ファイナンシャ
 ルプランナーが成功事例・失敗事例をもとに解説します。

 【日 時】10月1日(土)13:30~15:00
 【会 場】保険相談センター セミナールーム
      名古屋市中区栄4-1-1 中日ビル6階
 【講 師】住宅相談センター 草野芳史
 【参加費】無料(予約制)
 【問合せ】住宅相談センター
      0120-756-365(なごむ 365日)

セミナー風景(縮小版).jpg




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

2016年9月のフラットの金利動向 ~35年返済が1%台に戻る~ [住宅ローン]

昨日、住宅金融支援機構から、各金融機関の
9月のフラット35の金利が発表されました。

9月の民間金融機関の住宅ローンは、7月末の日銀の追加緩和見送りを受けて
固定金利期間選択タイプから長期固定で0.05~0.1%程度の利上げとなっています。

フラット35も同様で、下記の通り返済期間20年と35年で
利上げとなりました。 (カッコ内は対前月)

 ・フラット20  0.96%(+0.13%)
 ・フラット35  1.02%(+0.12%)
 ・フラット50  1.34%(▲0.10%)

※融資率が9割を越す場合
 ・フラット20  1.40%(+0.13%)
 ・フラット35  1.46%(+0.12%)
 ・フラット50  1.78%(▲0.10%)

※フラット35S
 ・フラット20  0.66%(+0.13%)
 ・フラット35  0.72%(+0.12%)

※フラット35Sで融資率が9割を越す場合
 ・フラット20  0.10%(+0.13%)
 ・フラット35  1.16%(+0.12%)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

2016年9月の民間住宅ローン金利動向 ~マイナス金利以降初の利上げ傾向~ [住宅ローン]

本日、メガバンクを始めとする民間金融機関から
9月の住宅ローンの金利が発表されました。

先月は日銀のマイナス金利政策に加え、イギリスのEU離脱問題の影響も受け、
10年以上の長期の固定金利タイプを中心に利下げとなりましたが、
名古屋地区の9月の金利動向はどうなったのでしょうか?


まずは変動金利タイプですが、
マイナス金利政策の影響による利下げの動きもひと段落しており、
今月も据え置きとなっています。

相変わらず変動金利タイプは
0.6%を切る低水準となっています。

日銀の金融緩和・マイナス金利政策は物価上昇率が2.0%になるまで継続の
見込みなので、変動金利も当面現在の水準で推移する見込みです。


次に、固定金利タイプ固定金利期間選択タイプ

2月の日銀のマイナス金利スタート以降下がった長期金利
(10年モノ国債の利回り)は、7月末に-0.3%台まで低下したものの、
7月末の日銀の追加緩和見送りを受けて-0.1%まで上げました。

その影響で、メガバンクや信託銀行を中心に、
固定期間短期から長期まで幅広く0.05~0.1%程度の利上げとなっています。

それでも、三井住友信託銀行では10年固定で0.45%、
30年の長期固定で0.85%ですので、
まだ十分に超低金利と言ってよい水準になっています。


なお、メガバンクや信託銀行などは、借入者の条件(属性)によって
最低金利が出なかったり、中間金やつなぎ融資の扱いも厳しく、
当初固定期間終了後の上げ幅が大きかったりします。

表向きの金利だけで判断せず、
地銀・信金も合わせて比較する方が良いでしょう。


フラット35の金利動向の詳細は明日レポートしますが、
速報としては20年超のフラット35で1.02%と、
前月から+0.12%の利上げとなっています。


なお、上記の金利は金利プラン優遇後の“表向き”の数字です。
借入れ条件や借りる方の属性や交渉次第で、
さらに優遇幅を大きくすることもできます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
前の5件 | -