So-net無料ブログ作成
検索選択

家づくりの頭金はいくら必要? [住宅ローン]

平成25年度の国の補正予算成立に伴い、
フラット35の融資率が、2月24日融資実行分から
9割から10割に戻されることになりました。

これで物件価格全額が融資されるため、
頭金(自己資金)が少ない方でもフラット35を
利用しやすくなりました。


が、頭金は少ないよりも多いに越したことはなく、
一般的に予算の2割以上あるとよいと言われます。

頭金が多ければローンの借入額が減り、
ローン返済がラクになるからですが、他にも理由があります。


例えば、家づくりには建築の工事費用や物件の購入費用以外に、
ローンや登記、火災保険などの諸費用がかかりますが、
原則として住宅ローンの対象となりません。
そのため、諸費用を現金で用意する必要があります。

また、銀行によっては住宅ローンが建物完成後、
早くても上棟時でないと実行されないことがあり、
着工時の工事代金を自己資金で賄う必要があるケースがあります。

他にも、頭金が2割以上あることで、
金利の優遇幅が大きくなる銀行もあります。
頭金が多いということは、家計の管理がしっかりしており
返済能力も高いと銀行が見てくれるからです。

 ※フラット35も、融資率10割の場合は金利が割り増しされます。


このように、頭金があると
ローンの返済がラクになるだけでなく、
金利優遇が大きくなったり、住宅ローン選びや
資金計画上の選択肢が広がるリットがあります。

さらに、頭金を貯めている間に家のイメージも明確になり、
よりよい家づくりにもつながります。

いまは住宅ローン商品の選択肢が増え、
頭金ゼロでも住宅を購入できるようになっていますが、
じっくりとある程度の頭金を貯めることをお勧めします。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 2

岩崎 

はじめまして、

義理母が義理弟が家を探し
義理ということもあり、余り強く家を購入する時の金額の諸経費の話ができなかったのですが、「住宅価格の2割程度は必要なんですよと」
義理弟も40代なので長期のローンはいかがなものかと思い

中古住宅で1,000万円以下の物件なら良いのではないかと話していました。

しかし、不動産屋さんは予算オーバーの物件を紹介し、義理母は賃貸なら一生家賃を払うのだから同じだからと

長期の予算オーバーの物件の契約をしてしまったようです。

家という大きな買い物を、頭金もろくに考えず、諸経費の事もよく調べないで、月々支払う金額が今の家賃と同じだからという理由で契約をしてしまう人っておかしいですよね

こんな軽い考えで購入してしまう人がいるのでしようかね身内ながら考えさせられます。


by 岩崎  (2014-03-12 10:42) 

岩崎さまへ

コメントありがとうございました。
また、お返事遅くなり、失礼いたしました。

家を購入する際は、
家計の収支シミュレーション(キャッシュフロー表)を作成して
住宅ローンだけでなく、
家計全体が問題ないかを確認しておきたいですね!


by 岩崎さまへ (2014-03-26 15:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: