So-net無料ブログ作成

2015年3月のフラットの金利動向 ~11ヶ月ぶりに利上げ [住宅ローン]

昨日、住宅金融支援機構から、各金融機関の
3月のフラット35の金利が発表されました。

3月の民間金融機関の住宅ローンは、
長期金利(10年モノ国債の利回り)の利上げに合わせて
期間固定や超長期固定金利タイプで0.05~0.1%程度の利上げとなっています。


フラット35についても同様に長期金利の動きを受け、
下記の通り0.1%程度の利上げとなり、
返済期間20超のフラット35では11ヶ月ぶりの利上げとなりました。
(カッコ内は対前月)


 ・フラット20  1.20%(+0.1%)
 ・フラット35  1.47%(+0.1%)
 ・フラット50  2.08%(+0.2%)

※融資率が9割を越す場合
 ・フラット20  1.33%(▲0.21%)
 ・フラット35  1.60%(▲0.21%)
 ・フラット50  2.21%(▲0.11%)

※フラット35S
 ・フラット20  0.60%(▲0.2%)
 ・フラット35  0.87%(▲0.2%)

※フラット35Sで融資率が9割を越す場合
 ・フラット20  0.73%(▲0.51%)
 ・フラット35  1.00%(▲0.51%)


通常のフラット35は利上げですが、フラット35Sは当初5年、
もしくは10年間の金利引下げ幅が0.3%から0.6%に拡充したため、
結果として返済当初の金利は先月よりも下がりました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。