So-net無料ブログ作成
検索選択

建築費用が下がったから、手元のおカネを遣っちゃおう!は危険?! [家づくりの資金計画]

本日は、2組のご相談をお受けしましたが、
その中で住宅ローンの頭金についての注意点をお話ししました。


住宅ローンの借入希望額と並んで頭金の額というのは、
住宅ローンの申込時に必ず銀行から聞かれます。

頭金が多い方が資金計画上ラクで、家計の管理もしっかりしていると
銀行は見るため、ローンの審査に通りやすかったり、
より良い条件の借り入れができることもあります。

例えば頭金が予算の2割あれば、
金利や保証料を下げてくれる銀行もあります。


ただ、まずは住宅ローンの審査を通してから、
家づくりの話を進めるというケースも少なくありません。

建売住宅や中古住宅といった完成物件であれば、
物件が変わりさえしなければ予算総額が大きく変わることはありませんが、
注文住宅であればそういう訳にはいきません。

住宅ローンの審査に通った後に予算が上がってしまい、
上がった分を追加で住宅ローンで手当てしたいなんてことがあっても、
それは再度審査をやり直しになります。

当初の借入額では審査に通っていても、増額したら
返済比率がオーバーして審査に通らなかったということもあります。

ですので、住宅ローンの審査を申し込む場合、借入額に若干色を付けて、
予算がオーバーしても再審査しなくて済むようにするのが一般的です。


では、住宅ローンの審査後、逆に予算を下げることが出来た場合はどうなるか?

基本的に、審査に通っている金額を上限として借入は可能なので、
実際に借入する額が審査時の希望額より下がっても何の問題もありません。

ただ、予算が下がった分、借入額を減らすのではなく
頭金を減らすとなると、話が違ってくるので注意が必要です。


住宅ローンの審査の際には、
一定額の頭金があることを条件に審査を通しています。

が、実際には頭金を減らしたらどうか?

「予算が下がって資金計画はラクになるし、
 当初の借入希望額を貸してくれっているだけだろう」

と思うかもしれませんが、そうは問屋が卸しません。

銀行から見たら頭金があるという条件で審査を行い、
時には優遇したのに、その前提が変わるので
「話が違う!」ということになるのです。

もし、このような事を許すと、住宅ローンの申込時に
「頭金があると」ウソの申告を行って通しておき、
実際には頭金を出さずにローンを借りるなんてことが出来てしまいます。

ですので、銀行によっては頭金は
審査時に申告した金額よりも下げられないということがあります。


建築費用が下がったからといって、
「建築費用が浮いた分、手元のおカネで別のものを買っちゃおう!」
なんてしたら、後でえらい目に合うかもしれませんヨ。

ご注意を!




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0