So-net無料ブログ作成
検索選択

二世帯住宅でいちばん税制優遇を受ける方法 [家づくりの税金]

昨日はメ~テレ八事ハウジングさんにて、
住まいづくりアカデミーの講師でした。

『親子仲良く、しかもおトク! 二世帯住宅の賢い建て方』
をテーマに、二世帯住宅の間取りの考え方や
税制優遇などを使った有利な建て方をお話ししました。


二世帯住宅は、当然ですが二つの世帯が一緒に家を建てます。

ということは資金を出す人が増える可能性があり、
その分税制優遇の選択肢が増えることになります。

つまり、どの税制優遇を使うかで、
受けられる優遇が大きく変わる可能性があるのです。


二世帯住宅で受けられる税制優遇は、大きく
 1)取得時・・・登録免許税、不動産取得税
 2)取得後・・・固定資産税、都市計画税
 3)相続時・・・相続税の小規模宅地の特例
の3つに分けられます。

これらの税制優遇は、下記の通り
 1)完全分離 or 一部共用
 2)区分登記 or 単独登記・共有登記
かによって適用対象が変わってきます。

▼▼二世帯住宅の形態・登記と税制優遇▼▼
税制優遇一覧表.jpg


ご覧の通り、一番税制優遇を受けられるのは
建物を完全分離の二世帯住宅にして、
登記を単独登記か共有登記にした場合。

こうすると、取得時、取得後、相続時と
全てにおいて税制優遇を受けられる可能性が出るのです。


ただ、税制優遇には建物の面積などの細かい要件があったり、
完全分離の二世帯住宅における税制優遇の取扱いが
管轄する役所よって違うこともあります。

計画検討時に住宅会社とよく打合せを行い、
役所や専門家にもしっかり確認するようにして下さい。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: