So-net無料ブログ作成
検索選択

建売やマンションを値引きできるタイミング [家づくりの資金計画]

本日は建売住宅の購入をご検討中の方からのご相談がありました。

その中で、値引きはどれくらいできるのでしょうか?
とのご質問がありました。


不動産には相場はあっても定価はありません。
売り主と買い主が合意すれば、いくらででも売買されます。

ですので、うまくいけば大幅な値引きも期待でき、
実際に数百万円単位で値引きされたケースもあります。

でも、売り主だって高く売りたいのが本音。
高く売れるようなら値引きはしません。

逆にいうと、売り主が値引きせざるを得ない状況であれば、
何も言わなくても値引きを持ちかけてくることも。


それはどのような時なのかと言えば、
売り主が早く売りたい時です。

例えば、決算時期だとか、売れ残って不良在庫化しそうな時など。


逆に値引きが期待できないのは、
売り出して1か月以内とか、まだ工事中の物件など。

売り主とすれば、慌てて値引きしなくても
もっと条件の良いお客さんを探すことが出来るという訳です。

そんな状態で値引き交渉しても全く話に乗ってこないばかりか、
冷たくあしらわれかねません。


ですので、もしお買い得な物件を買おうと思うのなら、
売れ残りを狙うのが一番。

ただ、あくまで売れ残りですので、
いくら金額が安くても自分の希望に合うかは別。

金額よりも、それ以外の条件を重視するのなら、
希望の物件が売れてしまう前に、
値引きもほどほどで購入するしかないでしょう。


もし、希望の物件がキャンセル等で
安く値引きされているのを見つけたら・・・

それは滅多にないチャンスかもしれませんよ!




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0