So-net無料ブログ作成

住宅ローンをたくさん借りてトクする方法?! [住宅ローン]

昨日は、メ~テレ八事ハウジングさんからのご依頼で、
セミナーの講師をしてきました。

テーマは『今年こそマイホーム! ゼロからでも安心の家づくり成功術』
というこで、これから家づくりをお考えの方にご参加いただきました。

資金計画や住宅ローン選び、住宅会社の選び方など、
家づくりに当たって押さえておきたいことをお話ししたところ、
セミナー中やセミナー後にたくさんのご質問をいただきました。

その中の一つに、「住宅ローンをたくさん借りた方が、
住宅ローン控除でおトクなのでしょうか?」というご質問がありました。


確かに、住宅ローン控除は「年末のローン残高の1%」が戻ってきますので、
借入額が多いほど、控除額を増やせる可能性があります。

ただ、ホントに借入額を増やした方が“トクする”かは、分かりません。
そこで、その判断基準を2点ご紹介します。


まず一つ目。
いくら住宅ローン控除でお金が戻ってくるのか?ということ。

住宅ローン控除は制度上、納めた税金が戻ってくるというもの。

いくら住宅ローンの借入額を増やそうとも、納めている
所得税と住民税(のうち13.65万円)の合計が10万円なら、
毎年の控除額は10万円が上限となってしまうのです。

また、毎年の控除限度額は、建物の仕様(一般住宅か認定住宅か)や
納める消費税率によって、20万・40万・50万円と決められています。

もし消費税非課税の中古住宅を購入したのなら、
いくらローン残高や納税額が高くても、控除額は20万円が上限となるのです。


では、一つ目をクリアして、毎年50万円の控除を受けられるだけの
ローン残高や納税額があったとして、まだ分かりません。

二つ目の判断基準、住宅ローンの金利が何%かによるのです。

住宅ローン控除で戻ってくるのは、住宅ローン残高の1%。
と言うことは、金利が1%以上であれば、控除で戻ってくるよりも
利息として支払う金額の方が高くなるため“損”という訳です。

厳密に言えば、住宅ローン借入時の諸費用等の分も含めて計算すると、
住宅ローンの金利が1%では実質“赤字”となってしまいます。

そうすると、金利の高い固定金利タイプではなく、
0.6%前後と低金利の変動金利タイプを選ぶことになります。


以上のことを踏まえてまとめると、
住宅ローンをたくさん借りて住宅ローン控除でトクをするには

 1)年収(納税額)が高い ※目安は年収800万円(できれば1000万円)以上
 2)新築、それも長期優良などの認定住宅を購入・建築する
 3)変動金利タイプの住宅ローンを選ぶ

ということになる訳です。


なお、変動金利で多額のローンを組めば
当然金利上昇リスクなどは大きくなります。

また、住宅ローンを借りるということには損得以外の要素もあります。

今回の解説は、あくまで“住宅ローン控除で得をするためには”
という視点で見た場合の考え方だとご理解下さい。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。