So-net無料ブログ作成
検索選択

住宅ローンで店舗併用住宅を建てられる? [住宅ローン]

昨日は2組のご相談がありましたが、
うち1組は店舗併用住宅をご検討中の方でした。

店舗併用住宅は、専用住宅と違って
住宅ローンを組むうえでは注意が必要。

住宅ローンとはそもそも自宅の購入・建築が対象であり、
店舗はその対象にならないというのが原則だからです。

銀行は、この原則をもとに店舗併用住宅への融資を行います。


注意すべき点の一つ目は、店舗部分の面積

建物のうち、店舗部分の面積が半分以下でないと、
住宅ローンの対象となりません。

ちなみに、住宅部分が建物の1/2以上必要というのは、
住宅ローン減税や住宅取得資金の贈与税の特例といった
税制優遇の要件でもあります。


二つ目の注意点は、原則として
住宅部分の費用しか住宅ローンの対象にならないということ。

ですので、店舗部分の資金については自己資金を充てるか、
借入が必要なら、別途事業性融資を借りることになります。

もし事業性融資を借りる場合、それが有担保のものだと
住宅ローンが組めなくなる可能性があるので、
政策金融公庫などで無担保の融資を借りる必要があります。


なお、少数派ですが、店舗部分も住宅ローンの対象に
含めてくれる銀行もあります。

事業性融資が組みにくい場合は、そういう銀行を探す手もあります。

ただ、あまり無理な借り入れをすると、
家計だけでなく事業の資金繰りもきつくなる可能性があります。

よくよく家計と事業の計画をお考え下さい。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0