So-net無料ブログ作成
検索選択

2016年2月のフラットの金利動向 ~今月も全ての返済期間で利下げ~ [住宅ローン]

昨日、住宅金融支援機構から、各金融機関の
2月のフラット35の金利が発表されました。

2月の民間金融機関の住宅ローンは、長期金利の低下に合わせて
全ての金利タイプで利下げ傾向となりました。

フラット35についても同様に、下記の通り
全ての返済期間で前月から利下げとなりました (カッコ内は対前月)。


 ・フラット20  1.21%(▲0.06%)
 ・フラット35  1.48%(▲0.06%)
 ・フラット50  1.93%(▲0.08%)

※融資率が9割を越す場合
 ・フラット20  1.65%(+0.25%)
 ・フラット35  1.92%(+0.25%)
 ・フラット50  2.37%(+0.23%)

※フラット35S
 ・フラット20  0.61%(▲0.06%)
 ・フラット35  0.88%(▲0.06%)

※フラット35Sで融資率が9割を越す場合
 ・フラット20  1.05%(+0.25%)
 ・フラット35  1.32%(+0.25%)


なお、融資率が9割を超す場合の金利が先月よりも上がっています。

これは平成26年度補正予算で実施されていた制度拡充のうち、
融資率9割以下の場合よりも上乗せしていた金利引下げが、
1月29日で終了したためです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0