So-net無料ブログ作成
検索選択

住宅ローンの繰り上げ返済貧乏にご注意! [住宅ローン]

本日は、住宅ローンを返済中の方から、
繰り上げ返済についてのご相談をいただきました。

このご質問は良く頂きますが、なかなか簡単にはご説明できません。
当初、お電話でのお問合せでしたが、ご来社いただいた次第。


基本的に、繰り上げ返済は元金が多い方が有利。
できるだけ早く返す方が利息軽減効果が高いのです。

ただ、借り入れて10年間は住宅ローン控除が利用できます。

住宅ローン控除はローン残高の1%が対象となるので、
繰り上げ返済を行うと、自らローン控除の額を減らしかねない訳です。

そのため、利息軽減効果とローン控除のどちらを優先すべきか?
との話になります。


これは計算すればある程度分かります。

住宅ローン控除は、現行制度だと
 ・ローン残高の1%
 ・納税額(所得税+住民税)
 ・年間の控除限度額(一般住宅で40万円、長期優良住宅等は50万円)
の3つの内、一番低い金額が10年間戻ってきます。

この金額と繰り上げ返済による利息軽減額を比べれば良い訳です。


ただ、人によっては、まだまだ検討すべき点があります。

例えば現在借りているローンの金利が高ければ、
手元資金を繰り上げ返済に充てずに
借り換えた方が良いかもしれません。

また、万一健康状態が悪くなっていれば
今後団体信用生命保険がおりて、
ローンを一括返済できるかもしれません?!


そして、そもそも論として、手元資金を繰り上げ
返済に回してしまってよいか?という問題もあります。

純粋に余裕資金なら良いのですが、子どもの教育費のように
将来のために手元に残しておくべきお金であれば、
それを繰り上げ返済に充てることはできません。


手元にお金があるからといって、安易に繰り上げ返済をすると、
後で家計が苦しくなり、別の借入をする、
俗にいう“繰り上げ返済貧乏”になりかねません。

真面目な方ほど、繰り上げ返済を頑張りがち。

住宅ローンを繰り上げ返済する際は、
こういったいろいろな要素を考えるようにして下さい。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0