So-net無料ブログ作成
検索選択

店舗併用住宅の店舗部分も対象になる住宅ローン [住宅ローン]

昨日は新年最初のご相談でした。

店舗併用住宅をご検討中で、
住宅ローンの審査も無事に通ったところ。

今後の住宅ローンの手続きなどについてで、
新年早々おめでたいご相談です。


実は、店舗併用住宅というのは、
住宅ローンを借りる上では、一般住宅よりも難しいのです。

それは、住宅ローンというのは読んで字のごとく、
「住宅」のためのローンであり、店舗のためのものではないからです。

(中にはろうきん(労働金庫)のように、
 店舗併用住宅だと一切住宅ローンを借りれないという銀行さえあります)

ですので、以前もご紹介しましたが、
 ・建物の床面積のうち、住宅部分が半分以上
 ・融資対象は住宅部分のみ(店舗部分は対象外)
ということになるのです。


このため、店舗部分は自己資金を用意したり、
住宅ローン以外の借入を探さなければなりません。

店舗併用住宅を建てようという人だと
自営業というケースが大半。

自営業ということで、ただでさえローンの審査が
会社員より厳しいうえに、自己資金を用意しなければいけないため、
非常にハードルが上がってしまうのです。
(会社員の配偶者がいる場合は、だいぶ話はラクになりますね)


ただ、銀行によっては、もう少し条件が緩かったりします。

例えば、「店舗部分も融資対象」だったり、
中には「住宅の面積が1/3しか無くてもOK、
しかも店舗部分も融資対象」という銀行もあります。

さすがに一番最後に挙げた銀行の場合、
金利は少し高くなったりしますが、
それでも自営業の方にとっては、使い勝手は悪くないはず。


世の中、探せばいろいろな銀行があるものです。

店舗併用住宅の住宅ローンでお困りの方は、
住宅相談センターまでお知らせ下さい。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0