So-net無料ブログ作成

フラット35の団信特約料は、年利換算でいくら? [住宅ローン]

昨日は2組のご相談がありましたが、
その中でフラット35の団信についてのお話しが出ました。


団信というのは“団体信用生命保険”の略。

住宅ローンを借りた人が、万一お亡くなりになったり、
高度障害になって住宅ローンが返済できなくなった際、
保険金が支払われて、それ以降のローン返済が免除されるというもの。

一般的な民間の銀行の住宅ローンでは、
団信の保険料は銀行が負担してくれます。


が、フラット35の場合、団信はオプション扱いとなっているため、
保険料(特約料)は、住宅ローンの返済とは別に毎年支払う必要があります。

これは言い方を変えると、
民間の住宅ローンは金利の中に団信の保険料が含まれており、
フラット35は金利とは別に年払いの保険料がかかるということになります。

ですので、民間の住宅ローンとフラット35を比較するときに、
単純に金利だけで比較ができないというワケです。


では、簡単に民間の住宅ローンと
フラット35の金利水準を比較するにはどうすればよいか?

それは、フラット35の金利に団信の保険料(特約料)分を
上乗せして比較すればよいということになります。

フラット35の団信の特約料は、
残高に対して年利換算で約0.358%となります。

例えば、9月の金利で言うと、返済期間20年超の
フラット35の最低金利が1.54%ですから、

 【 1.54% + 0.358% = 1.898% 】

が、団信も含んだ金利水準となる訳です。


特に今はフラット35Sの金利引き下げが0.6%あるので、
返済当初5年もしくは10年間の金利が0.94%となります。

固定金利でこれだけの金利は、考えられないくらい低水準と言えます。

でも、金利だけに目を奪われずに、
団信特約料も含めた実質の金利水準で比較するようにしましょう。


なお、団信特約料は住宅ローン返済期間中、
年払いという点にご注意下さい。

団信特約料を払い忘れると、当然、団信が失効してしまいます。

万一借りている人が亡くなっても団信が使えないため、
残された遺族が住宅ローンを返済し続けなければいけません。

返すことが出来ればよいですが、収入が足りなければ
マイホームを手放さざるを得なくなるかもしれませんよ。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。