So-net無料ブログ作成
検索選択

子どもの学費はどれくらいかかる? [ファイナンシャルプランニング]

昨日は、家計の収支予測(キャッシュフロー表)を作成し、
ご相談者にご提出、ご説明しました。

キャッシュフロー表とは、ライフプランに基づいて
将来にわたる家計の収支を予測したもので、
住宅相談センターでは40年の収支をシミュレーションしています。

あくまで将来の予測であり、不確定要素もあるため、
想定される条件を複数設定して比較したりもします。

昨日も奥様の働き方やお子様の進路など、
いくつかのバリエーションを作成しました。


このお子様の進路というのは、
家計にとっても大きなウエイトを占めます。

我々ファイナンシャルプランナーの世界では、
“住宅資金”“老後資金”と並んで“教育資金”
人生の三大資金と言われるほど。

これら3つの資金がうまく回れば、
家計に大きな問題はないとさえ言えるのです。


では、子どもの教育資金はどれくらいかかるのか?

幼稚園・保育園、小学校、中学校、高校、大学と通った場合、
全て国公立で自宅から通ったとして、
おおよそ一人当たり1000万円程度かかります。

この金額には塾や習い事なども含まれます。

これが、高校から私立に通い、大学は私立の理系に進学し、
しかも下宿をした場合、トータルで2000万円程度になります。

これらの数字はあくまで平均値ですので、
特待生になれば下がったり、学校によっても上下しますし、
留学したり大学院に行けば(浪人や留年も?!)金額は上がります。


将来の子供の進路というのは、本人の意思もあるので
全てを決めきれるものではありません。

えも、将来の家計を考えるときには、
ざっくり子ども一人当たり1000万~2000万と
思っておけば外れはないでしょう。


草野家の子どもたちも、いまは小学校低学年ですが、
これから学費がかかってきます。

ふぅ。。。

世のお父さん、お母さん。頑張りましょう!


タグ:家計 教育費
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

家計に役立つ秋のライフプランセミナー 6講座開講します [セミナーのお知らせ]

名古屋・栄の中日ビルを拠点に活動する
「家計の総合相談センター」は、貯蓄・税金・相続・
年金・保険など、家計にまつわるご相談をお受けしている
ファイナンシャルプランニングの専門家集団。

住宅相談センターも運営に参画しています。

その家計の総合相談センターは、来週末、
家計に役立つライフプランセミナーを開講します。
参加無料ですので、お気軽にご参加下さい。

セミナー風景(縮小版).jpg


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
         ~ 秋のライフプランセミナー ~
         家計に役立つセミナー全6講座開講
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

【家計】11月7日(土)10:30~12:00
『初めての「投資信託」セミナー』
 投資信託って何? 投資信託を使った資産形成の方法を解説。積立
 投信の始め方、投資信託の選び方や税制の優遇措置などを紹介いた
 します。

【税金】11月7日(土)13:00~14:30
『名義預金って何? 財産漏れにならないために!』
 相続税の税務調査において、申告漏れと指摘される最も多い財産は
 名義預金です。財産漏れを指摘されないようにどうすればいいか?
 について、わかりやすく解説いたします。

【住宅】11月7日(土)15:00~16:30
『消費税増税でどうなる?
  2016年までに住宅を買う人・建てる人の注意点』
 2017年4月1日からの消費税増税に備えて住宅の取得計画を立
 てている人も多いと思います。過去3回の消費税増税のとき住宅に
 何が起こったか? 実際に現場で見た失敗例を踏まえて、安心で有
 利な住宅取得方法をご紹介します。

【保険】11月8日(日)10:30~12:00
『貯蓄保険は本当に有利なのか!!』
 生命保険は大きく2つに分けることができます。掛け捨てか積立が
 できる保険なのか。貯蓄保険は本当に有利なのか?他の金融商品と
 も比べながら検証していきます。貯蓄保険の多機能にわたる活かし
 方など、老後と保障の話を絡めながらお伝えします。

【年金】11月8日(日)13:00~14:30
『公的年金の年金額は目減りしていきます!』
 最近は60歳定年後も勤め続ける人がほとんど。年金はどのタイミ
 ングで受給すればよいのか? 退職後、失業給付と年金の上手な受
 給方法は? 健康保険の任意加入と国保加入のどちらが得?等々、
 定年後の生活設計に役立つヒント満載のセミナーです!

【相続】11月8日(日)15:00~16:30
『相続の新しいかたち
 超高齢社会に有効な「遺言」と「家族でできる信託」』
 遺言だけでは足りない長寿社会ならではのリスクが生じています。
 「相続の新しいかたち」として、自分の財産における管理や運用等
 の一切のものを「家族に託す」信託の方法もあることを紹介します。

  ・会 場 中日コンサルティングプラザ セミナールーム
       名古屋市中区栄4-1-1 中日ビル6階
  ・主 催 家計の総合相談センター、住宅相談センター
  ・参加費 無料(予約制)
  ・問合せ 住宅相談センター
       TEL 0120-756-365(なごむ 365日)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

携帯電話の機種変更で、住宅ローンが借りられなくなった?! [住宅ローン]

いまの日本で、誰もが持っている携帯電話やスマートフォン。

草野は一度機種を変えたら、後生大事に
何年も(現在、仕事用で3年、私用で4年)使い続けていますが、
定期的に機種変更する人も少なくないでしょう。

その携帯電話のせいで住宅ローンが借りられないという事態が
起こるかもしれませんので、注意が必要です。


機種変更するとき、
以前は端末代が無料なんてこともありました。

でも、最近はMNPなどで新規で加入する場合以外、
端末代がかかるようになりました。

しかもその額数万円とばかになりません。
機種変更の都度支払っていたら、かなりの出費になります。


そこで、草野もそうでしたが、端末代は分割で支払っています。
が、この分割払い。実は、クレジット払いだったりするのです。

クレジット払いということは、銀行口座に残高が無く
料金が引落し出来なければ“延滞”になり、
それが個人信用情報に登録されてしまうということ。

「借金をしている」という感覚が薄いとは思いますが、
延滞が重なれば住宅ローンの審査にも影響を及ぼします。


先日ご相談にお越しいただいた方も、まさにこのケース。

勤務先や年収、健康状態なども問題なかったのに、
住宅ローンの審査に通らなかったとのこと。

そこで個人信用情報を調べてみたら、
携帯電話支払いで延滞を重ね“異動”情報として
処理されてしまったのです。

“異動”情報というのは、
通常の返済が期待できないと判断され
債権が保証会社に移されるなどした状態のこと。


以前、別のご相談者でわずか数千円の生命保険の保険料を支払い忘れ、
延滞の末に“異動”となってしまったケースがありました。

そこに至るまでは督促状が届いていたのですが、
内容をよく確認せずに放置していたのです。

大手企業にお勤めで年収も問題なかったにもかかわらず、
住宅ローンの審査には通りませんでした、

個人信用情報に“異動”情報が記載された状態では、
住宅ローンの借り入れはほぼ無理と思った方が良いでしょう。


携帯電話の機種変更やキャリアの変更など、
気軽に行っていることと思います。

でも、支払の仕方によっては、
それは借金を背負うことと同じことになります。

いったん異動情報が記載されると、
完済後5年間はその情報が残ってしまい、
住宅取得の時期が遅れることになってしまいます。

わずか数万円の端末代と言えども、
うっかり返し忘れのないようにしておきたいですね。


P.S.

なお、延滞をしていなくても、借り入れがあるということは
住宅ローン審査で返済比率の一部に組み入れられます。

そのため年収や借入額によっては、審査に通らなかったり、
審査にとっても減額されたりということもあります。

返済比率ギリギリの場合、ご注意を。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

ゼロからでも安心のマイホーム成功術 セミナーお話ししました [セミナーのお知らせ]

昨日は、岐阜県の可児中日ハウジングセンターさんにて
家づくりセミナーの講師をしてきました。

今回のテーマは
『いつ建てる、どう建てる?
 ゼロからでも安心のマイホーム成功術』

これから家づくりをお考えの方のために、
まず押さえておきたいことをお話ししました。

写真(縮小版).jpg


内容は、家づくりを始めると疑問に思うことを挙げ、
それぞれ順番に解説するというもの。

その疑問とは、次の5つ。

 ・家の【建て時】はいつ?
 ・【予算】はいくらまで出せる?
 ・【どんな家】を建てる?
 ・どんな【住宅会社】がある?
 ・スムーズな家づくりの【進め方】は?


90分という短い時間では、
全てをお話しすることはできません。

ですので家づくりの初歩を浅く広くお話しすることになりますが、
その場で参加者に特に聞きたい項目を尋ね、
そこについては重点的にお話ししました。


セミナーでは、随時質疑応答も入れたところ、
参加者からは「とても参考になりました」
とのお言葉をいただきました。

ぜひこれからの家づくりの参考にしていただければと思います!




タグ:家づくり
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

組合せいろいろ?! リフォーム優遇税制 [家づくりの税金]

本日はリフォームのご相談がありました。

その中で税制優遇のお話しをしましたが、
リフォームの税制優遇というのは、なかなか複雑。


これは建築でも同じことが言えます。

ゼロの状態から一つの家を作り上げる新築であれば、
大きさやグレードに差はあれど、どの家でもおおよその工程は同じ

が、リフォームの場合、対象となる個所も違えば、
行うリフォームの中身(程度)も千差万別。

例えば、居室のクロスの張替え程度から、
キッチンや浴室等の設備の入れ替え、
さらには間取りの変更や耐震・断熱改修まで様々。

ですので、リフォームにまつわる優遇制度も
工事の内容等に合わせてメニューが多いのです。

大きく分けると、リフォームの減税制度は
 ・施工内容
 ・資金調達方法
 ・税金の種類
によって、使える制度が変わります。


まず、施工内容は
 ・耐震リフォーム
 ・バリアフリーリフォーム
 ・省エネリフォーム
 ・その他
が挙げられます。

次に、資金調達方法は
 ・自己資金(投資型減税)
   控除期間:1年分、控除額:工事費等の10%(上限あり)
 ・リフォームローン(ローン型減税)
   控除期間:5年分、控除額:年末のローン残高の2%もしくは1%
 ・住宅ローン(住宅ローン減税)
   控除期間:10年分、控除額:年末のローン残高の1%
と、自己資金かローン利用かで
控除期間や控除額が変わってくるのです。

そして、優遇される税金の種類は、
 ・所得税(前述)
 ・固定資産税
   家屋の固定資産税を1もしくは2年度分、1/2~1/3減額
 ・贈与税(消費税率8%の場合)
   平成27年度:1000万円(1500万円)
   平成28年度:700万円(1200万円)
    ( )内は省エネ性又は耐震性を満たした住宅の場合
となります。


これらの減税制度は、複数を併用することもできるのですが、
その組合せのパターンが多岐にわたる上、
下記のように併用できない組み合わせもあるのです。

▼▼リフォーム税制の組合せ▼▼
151023_リフォーム税制(縮小版).jpg
※マンガでわかる住宅リフォームガイドブック(国土交通省)より

実にややこしい!


さらに、各制度には工事の内容だけでなく、
金額や面積、所得など細かな要件があります。

計画しているリフォームでどの優遇制度が利用できるかは、
リフォーム会社や税務署などともよく打合せすることをお勧めします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

ゼロからでも安心のマイホーム成功術 セミナーにてお話しします [セミナーのお知らせ]

家づくりは、決めること、考えることがたくさんあります。
初めてとなると、何から手をつけてよいか分からない人も多いでしょう。

そこで、岐阜県可児市のハウジングセンターからのご依頼で、
『いつ建てる、どう建てる? ゼロからでも安心のマイホーム成功術』
と題したセミナーにて草野がお話しします。

建てる時期の見極め、資金計画、住宅会社選び、間取の考え方など、
ゼロからスタートして満足のマイホームを建てる進め方を解説します。

開催日は今度の土曜日。
お近くの方のご参加お待ちしています!


『いつ建てる、どう建てる? ゼロからでも安心のマイホーム成功術』

 ・日 時   10月24日(土)10:30~12:00
 ・会 場   可児中日ハウジングセンター 事務局
        可児市下恵土字針田4100
 ・講 師   住宅相談センター 草野芳史
 ・その他   参加無料、予約制
 ・申込み   http://jutaku-sc.com/event/0/57a7c52aa11d86baa48690004182b579.html



タグ:家づくり
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

家計に役立つ、ライフプラン通信 2015秋号発行しました [ファイナンシャルプランニング]

住宅相談センターが運営に参画している
中日ビル「家計の総合相談センター」が発行する
「ライフプラン通信」

家計の総合相談センターの専門家たちが、
保険や家計、年金、住宅、税金、相続など、
家計に役立つ最新制度や知識を解説、年に4回発行しています。

その2015年秋号が完成しましたので、ご紹介します。

▼▼表紙▼▼
表紙(縮小版).jpg

住宅については、住宅相談センターの代表・吉田貴彦の
『2017年までに住宅を取得する人の注意点』

▼▼住宅記事▼▼
住宅記事(縮小版).jpg


他にも、
 『住宅取得資金の贈与税の非課税について』
 『火災保険改定と個人賠償責任保険』
 『ふえてきたバランスファンドを紹介』
 『自動車保険と遺族年金』
 『相続の新しいかたち ~超高齢社会に有効な「遺言」と
                  「家族でできる信託」』
といった専門記事や、11月に開講する『秋のライフプランセミナー』のご案内、
『季節のレシピ』も載っています。


詳しい記事は下記からご覧いただくか、
家計の総合相談センター店頭にてお渡しいたします。

   >>>ライフプラン通信はコチラからご覧下さい



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

必ず確認したい、住宅会社の提携ローン [住宅ローン]

昨日は、新規の借入れに借換えと、
住宅ローンの初回相談が2組続きました。


少々宣伝めいた話ではありますが・・・

住宅相談センターは、名古屋をはじめとする東海3県で
住宅ローンを借りるなら、もっとも良い条件で
お借りいただく自信がありますし、その実績もあります。

ということで、借換えのご相談者からは
コンサルティングのご依頼をいただきました。


ただ、新規の借り入れのご相談者については、
住宅会社が紹介してきた銀行の条件がとても良いものでした。

ですので、そのままご検討中の住宅ローンで進めれば良いですよ
とアドバイスし、ご相談を終了しました。

このようなことは、大手ハウスメーカーなどの
提携ローンで時々あります。


提携ローンとは、銀行と住宅会社が提携することで、
その住宅会社の顧客に対して
特によい条件での住宅ローンを提供するもの。

住宅相談センターでは、提携ローンに負けない条件の
住宅ローンをご提案する自信はあります。

が、今回のご相談者のように、
同等の条件では5万円のコンサルティング料金分の
メリットが出せないこともあるのです。

そのため、コンサルティングをご検討いただくご相談者には、
必ず現在検討中の住宅ローンや、
住宅会社などの提携ローンの有無を確認しているのです。


このように、住宅会社の提携ローンの中には
プロのFPから見てもとても良い条件であることがあります。

住宅ローンを検討する際には、
住宅会社や不動産会社に提携ローンの有無や条件を
確認してみることをお勧めします。


タグ:住宅ローン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

連帯保証人の条件は? [住宅ローン]

本日は3組のご相談がありましたが、その中で
「住宅ローンの借り入れにあたり、
 銀行から連帯保証人をつけることを求められたが、
 連帯保証人になれる人の条件は何ですか?」
とのご質問がありました。


住宅ローンを借りる時は、連帯保証人ではなく
保証会社を利用するのが一般的。

保証会社というのは、連帯保証人の代わりに
住宅ローンの保証をしてくれる法人で、
保証するさいに保証料を請求します。

要は、保証料が売り上げという訳ですね。


ただ、銀行や借り入れする人の条件によっては、
保証会社を使わず、連帯保証人をつけるケースがあります。

例えば、
 1)収入と借入額のバランスが悪く、
  保証会社から保証を断られたケース
 2)借りる人の属性(収入や勤務先などの条件)がよく、
  保証料分を“割引”してでも貸したいと銀行が考えたケース
等があります。

この2例は、まったく逆のケース。

ですので、連帯保証人につていの考え方も全く変わり、
1の場合はしっかりした収入があることが条件だったり、
2の場合は専業主婦の奥さまでも大丈夫だったりします。


ここで挙げた連帯保証人の条件は、あくまで一例。

連帯保証人の条件は特に決まったものがある訳ではなく、
銀行の考え方や借入条件によって変わります。

ですので、銀行から連帯保証人を求められた場合の条件は、
銀行に聞いてみないと分からない、という訳です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

【フラット35】Sの0.6%引下は1月29日申込受付分で終了 [住宅ローン]

先日の【フラット35】セミナーの会場にて
住宅金融支援機構の方からお聞きした話。

現在実施中のフラット35Sの引下幅0.6%への拡充は、
来年1月29日の申込受付分で終了するとのこと。


この引下幅拡充は、昨年度補正予算の緊急経済対策で実施されています。

これまでの例だと、予算がある限り受付を継続されていましたが、
今回は予算が残っていても、いったん0.6%の引下幅拡充は終了し、
通常の引下幅0.3%に戻るとのこと。

ちなみに、予算枠を使い切れば前倒しで申込受付は終了しますが、
いまの様子だと、1月29日まで予算枠は持ちそう。

ですので、慌てることはありませんが、
フラット35Sの0.6%引下を利用したい方は、
1月中に申し込むようにして下さい。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅