So-net無料ブログ作成

坪単価は結果論 過信は禁物! [家づくりの資金計画]

昨日は2組のご相談がありました。

その中で、住宅会社から提出された見積の坪単価が高くないか?
とのお話しが出ました。


“坪単価”というのは、ひと坪(2畳)あたりの建築費。
【建築費用 ÷ 延床面積】で計算できます。

資金計画を立てる際のおおよその目安になり、
建物のコストを簡単に算出できます。

ただ、坪単価を過信してはいけません。


坪単価は、同じ間取りであっても、
使う設備や仕上げ材によって、金額は変わります。

同じ面積であっても、
建物の形が変われば金額も変わります。


今回のご相談で言えば、
高気密高断熱や自然素材などをご希望されているうえ、
建物の形もコの字型のプランになっています。

これらはすべてコストが上がる要因になりますから、
このご相談者が住宅会社から提示された坪単価は、
一概に高いとは言えないとお伝えしました。


住宅会社によって、標準的な坪単価を提示していることもありますが、
あくまで一定の“一定の条件”で建てた場合の単価に過ぎません。

例えば、延床面積35坪、長方形の総2階建、
設備や仕上げ材は標準品など。

注文住宅でこだわればこだわるほど、
住宅会社の設定から外れていき、
オプション対応が増えて坪単価が上がっていきます。

坪単価はあくまで“結果論”、
建てる建物によって上下するとお考えください。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。