So-net無料ブログ作成

子どもの学費はどれくらいかかる? [ファイナンシャルプランニング]

昨日は、家計の収支予測(キャッシュフロー表)を作成し、
ご相談者にご提出、ご説明しました。

キャッシュフロー表とは、ライフプランに基づいて
将来にわたる家計の収支を予測したもので、
住宅相談センターでは40年の収支をシミュレーションしています。

あくまで将来の予測であり、不確定要素もあるため、
想定される条件を複数設定して比較したりもします。

昨日も奥様の働き方やお子様の進路など、
いくつかのバリエーションを作成しました。


このお子様の進路というのは、
家計にとっても大きなウエイトを占めます。

我々ファイナンシャルプランナーの世界では、
“住宅資金”“老後資金”と並んで“教育資金”
人生の三大資金と言われるほど。

これら3つの資金がうまく回れば、
家計に大きな問題はないとさえ言えるのです。


では、子どもの教育資金はどれくらいかかるのか?

幼稚園・保育園、小学校、中学校、高校、大学と通った場合、
全て国公立で自宅から通ったとして、
おおよそ一人当たり1000万円程度かかります。

この金額には塾や習い事なども含まれます。

これが、高校から私立に通い、大学は私立の理系に進学し、
しかも下宿をした場合、トータルで2000万円程度になります。

これらの数字はあくまで平均値ですので、
特待生になれば下がったり、学校によっても上下しますし、
留学したり大学院に行けば(浪人や留年も?!)金額は上がります。


将来の子供の進路というのは、本人の意思もあるので
全てを決めきれるものではありません。

えも、将来の家計を考えるときには、
ざっくり子ども一人当たり1000万~2000万と
思っておけば外れはないでしょう。


草野家の子どもたちも、いまは小学校低学年ですが、
これから学費がかかってきます。

ふぅ。。。

世のお父さん、お母さん。頑張りましょう!


タグ:家計 教育費
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。