So-net無料ブログ作成

変動・期間固定・固定・・・ 金利タイプはどう選ぶ? [住宅ローン]

昨日も住宅ローンの借換えのご相談がありました。

その中で、金利タイプはどう決めればよいのでしょうか?
とのお話しが出ました。


金利タイプには変動、期間固定、固定の3種類があります。

一番金利が低いのは変動金利タイプで、
その金利はいまの水準では0.6%程度。
対して、固定金利は1.5%といったところ。

これだけ見ると変動金利がおトクに見えるかもしれませんが、
低いのには理由があります。
変動金利には金利上昇リスクがあるのです。

株と同じで、ハイリスク・ハイリターンの変動金利タイプか、
ローリスクローリターンの固定金利タイプか、
その中間の期間固定金利タイプか、ということになります。


では、金利タイプ選びはどのように判断すればよいか?

世の中には「金利の上昇局面は固定金利、下降局面は変動金利」
といった説もあります。確かにそれが一番おトクでしょう。

が、そもそも今が上昇局面か下降局面かなんて分かりますか?
それが分かるなら、株で大儲けできるでしょう?!


草野の考えは、どれだけ家計がリスクを取れるのか?ということ。

例えば
 ・借入額が低い
 ・返済期間が短い
 ・所得が高い
 ・たくさん預貯金がある
等々、金利が上がっても返済できるメドが建っているなら、
変動金利で問題ないでしょう。


では、そのリスクへの許容量はどうやって計るか。

いちばんしっかりした根拠をもちたいなら、
お勧めは家計の収支シミュレーション(キャッシュフロー表)
を作成すること。

それぞれのご家族の収入と支出を個別に計算することで、
将来にわたったおカネの動きを明確に出来るからです。

▼▼キャッシュフロー表▼▼
CF表イメージ.jpg


将来のことは不確定。
誰にも分からないので、金利タイプ選びも迷いがち。

そんな時にはしっかりした根拠を持つことです。
キャッシュフロー表作成ご希望の方は、
住宅相談センターまでお問合せ下さい。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。