So-net無料ブログ作成

コンサルティングで使用する住宅ローンの比較表 [住宅ローン]

昨日は、二組の住宅ローンのご相談がありました。
そのうちの一組は初めてのご来社。

ネットをご覧になって住宅相談センターにお問合せいただいたのですが、
決め手は「住宅ローンの比較表」を提出することだったよう。

エッ?! と少々ビックリの草野。

より自分に合った有利な住宅ローンを選ぶのに、
比較表って必要なのでは?


住宅ローン選びは、単に金利だけでなく、
手数料や保証料、団信などの費用も絡んできます。

さらに言えば、将来の金利変動リスクや
当初期間終了後の金利引下幅の縮小という要素
(期間固定金利タイプの場合)もあります。

正直なところ、比較表が無ければ
プロでもどのローンが良いのか判断できないと思います。

(「これが絶対唯一、あなたにあったローンです」
 と提案すれば、比較表はいらないかもしれませんが)

恐らく、他のファイナンシャルプランナーも、
住宅ローンの提案をする際には
比較表を作っていると思うのですが、どうなのでしょう?


ちなみに、草野が作成する住宅ローンの比較表は、
金利(利息額)、返済額(月額・総額)、事務手数料、
保証料、団信料ほか、つなぎ融資の費用や
印紙代や登記の費用なども計上。

他に、繰り上げ返済手数料や元金均等返済、
中間支払いの扱い、ミックスローンやペアローンの扱いなど、
住宅ローンを選ぶ際の要素を網羅して一覧にしています。

今回のご相談者には、ご相談にサンプルをお渡ししました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。