So-net無料ブログ作成
検索選択

住宅ローンで交渉できる項目は何? [住宅ローン]

このところ、ブログの更新が滞っています(^^ゞ

めちゃくちゃ忙しいわけではないのですが、
ご相談はじめ所要が立て込んでいるのです。

ネタはいろいろあるので、もう少しマメに更新したいと思います。


さて、本日も住宅ローン選びのご相談をお受けしました。
その中で「銀行に交渉できるのは何?」とのご質問がありました。

これは名古屋地域特有かもしれませんが、
うまく交渉すると住宅ローンの条件をよくすることができるのです。

一番わかりやすい例は“金利”で、
金利が0.1%下がるだけで、数十万の差額が出たりします。

今回のご質問は金利以外に交渉できるものはあるのですか?
というもの。


なかなか鋭いご質問!

住宅ローンというと金利にばかり目が行きがちで、
低金利に目が眩んでトータルでは損をするという例もあります。

金利以外に気が回るというのは、素晴らしい!


で、何が交渉できるのかですが、これはいくつかあります。
例えば、団体信用生命保険(団信)。

通常は死亡・高度障害が対象ですが、
無料でガン保証を追加してもらうなんて交渉もアリです。

また、保証料。
これの減額交渉や場合によれば無料にすることもできます。

あと、金利も交渉の余地があります。

ここでいう金利とは、借り入れ当初の金利ではなく、
10年固定などの固定金利期間選択タイプで
当初固定期間終了後の金利引き下げ幅のこと。


ただし、これらの交渉するためには職業や年収など、
銀行が「この人なら条件を変えてもいい」と思わせる材料が必要。

さらに、銀行によって交渉に乗ってくる項目は違います。

そういう点では、交渉は“時と場合による”ということになり、
いくら交渉しても全く条件が変わらないこともごく普通。

「玉砕覚悟でとりあえず言ってみよう」というのもアリですが、
やはりプロにご相談いただけると、
だいたいの見立てはできてしまいます。

よろしければ一度住宅相談センターまでご相談下さい!



タグ:住宅ローン

2017年2月のフラットの金利動向 ~若干の利下げ~ [住宅ローン]

昨日、住宅金融支援機構から、各金融機関の
2月のフラット35の金利が発表されました。

2月の民間金融機関の住宅ローンは、
長期金利が0.05%前後で安定的に推移しているため
利下げ・利上げと各行によって判断が割れました。


フラット35についてはフラット50を除き
利下げとなりました。 (カッコ内は対前月)

 ・フラット20  0.99%(▲0.03%)
 ・フラット35  1.10%(▲0.02%)
 ・フラット50  1.58%( -  )

※融資率が9割を越す場合
 ・フラット20  1.43%(▲0.03%)
 ・フラット35  1.54%(▲0.02%)
 ・フラット50  2.02%( -  )

※フラット35S
 ・フラット20  0.69%(▲0.03%)
 ・フラット35  0.80%(▲0.02%)

※フラット35Sで融資率が9割を越す場合
 ・フラット20  1.13%(▲0.03%)
 ・フラット35  1.24%(▲0.02%)




2017年2月の民間住宅ローン金利動向 ~銀行によって判断割れる~ [住宅ローン]

本日、メガバンクを始めとする民間金融機関から
2017年2月の住宅ローン金利が発表されました。

先月は、長期金利の上昇に合わせて
変動金利タイプを除いて2か月連続の利上げとなりましたが、
名古屋地区の2月の金利動向はどうなったのでしょうか?


まずは変動金利タイプですが、
これまでのマイナス金利政策が継続されていますので、
今月も据え置きとなっています。

相変わらず変動金利タイプは
0.6%を切る低水準となっています。

変動金利については、日銀は物価上昇率が2.0%になるまで
現在の水準を維持する見込みです。


次に、固定金利タイプ固定金利期間選択タイプ

先月から引き続き、アメリカ・トランプ大統領の
経済政策への期待から米ドルやアメリカ企業の株が買われています。

ただ、日本の10年モノ国債は若干の利上げ傾向は見えるものの
おおよそ0.05%程度で推移しています。

そのため、短期の期間固定金利タイプから長期の固定金利タイプまで、
利上げした銀行と利下げした銀行と、金融機関によって判断が割れました。

これは単に世界経済や金利動向だけでなく、
引き渡しが多く住宅ローンの書き入れ時である年度末に向けた
営業的な側面も影響しているのでしょう。


なお、メガバンクや信託銀行などは、借入者の条件(属性)によって
最低金利が出なかったり、中間金やつなぎ融資の扱いも厳しく、
当初固定期間終了後の上げ幅が大きかったりします。

表向きの金利だけで判断せず、柔軟に条件交渉ができる
地銀・信金も合わせて比較する方が良いでしょう。


フラット35の金利動向の詳細は明日レポートしますが、
速報としては20年超のフラット35で1.10%と、
前月から若干の利下げとなっています。