So-net無料ブログ作成

利回り200%の投資法?! いまがチャンスの住宅ローン借換! [住宅ローン]

本日は一組、住宅ローンの
借り換えコンサルティングのご依頼をいただきました。

ご自身でもネットなどで情報収集をなさったそうですが、
あまりに情報が多すぎて訳が分からなくなってしまったとのこと。

そのお気持ちよく分かります。
住宅ローンなんて、そう何度も借りるものではありませんからね。


そんな方がコンサルティングをご依頼いただくと
10万円(税別)の料金がかかりますが、
それでプロのアドバイスを受けることができるようになります。

毎月変わる金利動向や銀行ごとの審査の傾向、
金利だけでない手数料や保証料、保険料なども含めた支払総額など、
住宅ローン選びで必要な情報すべてを手に入れることができるのです。

その結果、今回のご相談者の場合、
概算300万円以上の支払額低減効果が生まれます。
なんと30倍のリターンです!

年間だと20万円ほど浮きますから、
半年で支払ったコンサルティング料金が回収できることになります。

つまり年利回りは200%! すごい効果的な投資法です?!
(借換諸費用を住宅ローンに上乗せして借り換えた場合)


住宅ローンはいったん条件のよいものに借り換えてしまえば、
あとは何もしなくても差額分はお小遣いになります。

これほど簡単な家計の改善法はありません。

1年ちょっと前からスタートした
日銀のマイナス金利政策の恩恵はまだ受けられます。

でも、トランプ大統領就任以降、アメリカ経済復活への期待から
日本の住宅ローン金利はこれから上昇する可能性もあります。

3年以上前に住宅ローンを借りて現在返済中の方は
百万円単位で借換メリットが出る可能性があります。

ぜひ一度ご相談ください!
(お問合せは、本文右側のメールフォームからどうぞ)



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

資金計画書から透けて見える、住宅会社の思惑?! [家づくりの資金計画]

本日のご相談で、商談中の住宅会社の資金計画書を拝見しました。

見積書だと建物本体や付帯といった工事費用分しか掲載していないため、
工事以外の諸費用がいくらかかるのかが分かりません。

そのため後から諸費用が追加されて
予算オーバーなんてこともよくあります。

でも資金計画書なら工事費用以外の諸費用も計上されているので、
あとで予算オーバーせずに済む・・・というワケでも無いのです。

結構、計上されいない項目があるのですよね。


今回のケースでいうと、
住宅ローンの費用が一切計上されていませんでした。

例えば3000万円を35年返済で借りると、
事務手数料や保証料、印紙代、登記といった諸費用は
概算で80万円はかかります。

この80万円を含むか含まないかで、総額は変わります。


また、住宅ローンの諸費用が
計上されていたとしても、安心できません。

敢えて諸費用を安く見せることもできるからです。

例えば保証料を前金一括払いではなく、
金利上乗せ(分割払い)にすれば、初期費用は劇的に下がります。
(上記の場合で概算60万円程度の削減)

でも、金利が0.2%程度上がりますから、
仮に金利1.2%のところ金利上乗せで1.4%だと
支払利息の総額は120万円にも上り、
総額で60万円も上がってしまいます・・・

パッと見で安い!と思っても、高い買い物になってしまったワケです。


住宅会社から提出された資金計画を見てみると、
その住宅会社(担当者)の思惑が透けて見えます。

ご用心!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

岐阜県の可児と大垣にて「住宅ローンのABC」セミナーします [セミナーのお知らせ]

今週と来週、岐阜県の可児と大垣のハウジングセンターにて
家づくりのセミナーと相談会の講師にお伺いします。

セミナーは各会場午前・午後の2コマ。

テーマはモデルハウスの探し方と住宅ローンについてで、
どちらもこれから家づくりをお考えの方にうってつけの内容です。

セミナーの合間に、一組60分程度の個別相談もお受けしますので、
お近くにお住まいの方のご参加お待ちしています!


なお、今週末の可児の相談会は予約で二コマ埋まっていますので、
相談ご希望の方は早めにお申込みのほどを。


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 『モデルハウスの探し方&住宅ローンのABC』セミナー&相談会
      可児にて3月18日、大垣にて3月25日開催
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

午前『どれを見る?
   自分に合ったモデルハウスの選び方・探し方』
【セミナー】10:00~10:30 【個別相談会】10:30~ 11:30~
 たくさんあるモデルハウスは、どれも魅力的で目移りしてしまいます。
 どの建物を見れば良いのか、構造・工法やデザイン、性能など自分に
 合ったモデルハウスの選び方・探し方を住宅コンサルタントが解説。

午後『どう借りる? 住宅ローンのABC』
【セミナー】13:30~14:00 【個別相談会】14:00~ 15:00~ 16:00~
 住宅ローンはいつ申込む? 審査は何日かかる? 変動金利と固定金
 利、どれがいいの? 知っておきたい住宅ローン選びの基本を、ファ
 イナンシャルプランナーが解説します。

【可児会場】
 ・日時    3月18日(土)
 ・会場    可児中日ハウジングセンター 事務局
        可児市下恵土字針田4100
【大垣会場】
 ・日時    3月25日(土)
 ・会場    大垣中日ハウジングセンター 事務局
        大垣市鶴見町435-1
【その他】
 ・講 師   住宅相談センター 草野芳史
 ・その他   参加無料、予約制
 ・申込み   住宅相談センター



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

2017年3月のフラットの金利動向 ~すべての返済期間で利上げ~ [住宅ローン]

昨日、住宅金融支援機構から、各金融機関の
3月のフラット35の金利が発表されました。

3月の民間金融機関の住宅ローンは、
長期金利が2月に入って0.1%程度まで上昇したため
固定金利タイプや固定金利期間選択タイプで利上げとなりました。


フラット35も同様で、全ての返済期間で
利上げとなりました。 (カッコ内は対前月)

 ・フラット20  1.01%(+0.02%)
 ・フラット35  1.12%(+0.02%)
 ・フラット50  1.62%(+0.04%)

※融資率が9割を越す場合
 ・フラット20  1.45%(+0.02%)
 ・フラット35  1.56%(+0.02%)
 ・フラット50  2.06%(+0.04%)

※フラット35S
 ・フラット20  0.71%(+0.02%)
 ・フラット35  0.82%(+0.02%)

※フラット35Sで融資率が9割を越す場合
 ・フラット20  1.15%(+0.02%)
 ・フラット35  1.26%(+0.02%)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

2017年3月の民間住宅ローン金利動向 ~全体的に利上げ~ [住宅ローン]

本日、メガバンクを始めとする民間金融機関から
2017年3月の住宅ローン金利が発表されました。

先月は、長期金利が0.05%前後で安定的に推移しているため
利下げ・利上げと各行によって判断が割れましたが、
名古屋地区の3月の金利動向はどうなったのでしょうか?


まずは変動金利タイプですが、
これまでのマイナス金利政策が継続されていますので、
今月も据え置きとなっています。

相変わらず変動金利タイプは
0.6%を切る低水準となっています。

変動金利については、日銀は物価上昇率が2.0%になるまで
現在の水準を維持する見込みです。


次に、固定金利タイプ固定金利期間選択タイプ

先月から引き続き、アメリカ・トランプ大統領就任後も
米ドルやアメリカ企業の株価は好調に推移しています。

そのため、日本の10年モノ国債の利回りは
2月に入って0.1%程度まで上昇し、
2月中旬までそのまま同水準で推移しました。

そのため、長期固定金利タイプを中心に、
固定金利期間選択タイプも含めて0.05~0.1%の利上げとなりました。


フラット35の金利動向の詳細は明日レポートしますが、
速報としては20年超のフラット35で1.12%と、
前月から若干の利上げとなっています。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。