So-net無料ブログ作成
検索選択

住宅ローンで交渉できる項目は何? [住宅ローン]

このところ、ブログの更新が滞っています(^^ゞ

めちゃくちゃ忙しいわけではないのですが、
ご相談はじめ所要が立て込んでいるのです。

ネタはいろいろあるので、もう少しマメに更新したいと思います。


さて、本日も住宅ローン選びのご相談をお受けしました。
その中で「銀行に交渉できるのは何?」とのご質問がありました。

これは名古屋地域特有かもしれませんが、
うまく交渉すると住宅ローンの条件をよくすることができるのです。

一番わかりやすい例は“金利”で、
金利が0.1%下がるだけで、数十万の差額が出たりします。

今回のご質問は金利以外に交渉できるものはあるのですか?
というもの。


なかなか鋭いご質問!

住宅ローンというと金利にばかり目が行きがちで、
低金利に目が眩んでトータルでは損をするという例もあります。

金利以外に気が回るというのは、素晴らしい!


で、何が交渉できるのかですが、これはいくつかあります。
例えば、団体信用生命保険(団信)。

通常は死亡・高度障害が対象ですが、
無料でガン保証を追加してもらうなんて交渉もアリです。

また、保証料。
これの減額交渉や場合によれば無料にすることもできます。

あと、金利も交渉の余地があります。

ここでいう金利とは、借り入れ当初の金利ではなく、
10年固定などの固定金利期間選択タイプで
当初固定期間終了後の金利引き下げ幅のこと。


ただし、これらの交渉するためには職業や年収など、
銀行が「この人なら条件を変えてもいい」と思わせる材料が必要。

さらに、銀行によって交渉に乗ってくる項目は違います。

そういう点では、交渉は“時と場合による”ということになり、
いくら交渉しても全く条件が変わらないこともごく普通。

「玉砕覚悟でとりあえず言ってみよう」というのもアリですが、
やはりプロにご相談いただけると、
だいたいの見立てはできてしまいます。

よろしければ一度住宅相談センターまでご相談下さい!



タグ:住宅ローン
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

2017年2月のフラットの金利動向 ~若干の利下げ~ [住宅ローン]

昨日、住宅金融支援機構から、各金融機関の
2月のフラット35の金利が発表されました。

2月の民間金融機関の住宅ローンは、
長期金利が0.05%前後で安定的に推移しているため
利下げ・利上げと各行によって判断が割れました。


フラット35についてはフラット50を除き
利下げとなりました。 (カッコ内は対前月)

 ・フラット20  0.99%(▲0.03%)
 ・フラット35  1.10%(▲0.02%)
 ・フラット50  1.58%( -  )

※融資率が9割を越す場合
 ・フラット20  1.43%(▲0.03%)
 ・フラット35  1.54%(▲0.02%)
 ・フラット50  2.02%( -  )

※フラット35S
 ・フラット20  0.69%(▲0.03%)
 ・フラット35  0.80%(▲0.02%)

※フラット35Sで融資率が9割を越す場合
 ・フラット20  1.13%(▲0.03%)
 ・フラット35  1.24%(▲0.02%)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

2017年2月の民間住宅ローン金利動向 ~銀行によって判断割れる~ [住宅ローン]

本日、メガバンクを始めとする民間金融機関から
2017年2月の住宅ローン金利が発表されました。

先月は、長期金利の上昇に合わせて
変動金利タイプを除いて2か月連続の利上げとなりましたが、
名古屋地区の2月の金利動向はどうなったのでしょうか?


まずは変動金利タイプですが、
これまでのマイナス金利政策が継続されていますので、
今月も据え置きとなっています。

相変わらず変動金利タイプは
0.6%を切る低水準となっています。

変動金利については、日銀は物価上昇率が2.0%になるまで
現在の水準を維持する見込みです。


次に、固定金利タイプ固定金利期間選択タイプ

先月から引き続き、アメリカ・トランプ大統領の
経済政策への期待から米ドルやアメリカ企業の株が買われています。

ただ、日本の10年モノ国債は若干の利上げ傾向は見えるものの
おおよそ0.05%程度で推移しています。

そのため、短期の期間固定金利タイプから長期の固定金利タイプまで、
利上げした銀行と利下げした銀行と、金融機関によって判断が割れました。

これは単に世界経済や金利動向だけでなく、
引き渡しが多く住宅ローンの書き入れ時である年度末に向けた
営業的な側面も影響しているのでしょう。


なお、メガバンクや信託銀行などは、借入者の条件(属性)によって
最低金利が出なかったり、中間金やつなぎ融資の扱いも厳しく、
当初固定期間終了後の上げ幅が大きかったりします。

表向きの金利だけで判断せず、柔軟に条件交渉ができる
地銀・信金も合わせて比較する方が良いでしょう。


フラット35の金利動向の詳細は明日レポートしますが、
速報としては20年超のフラット35で1.10%と、
前月から若干の利下げとなっています。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

住宅ローンはいくつも申込んでよいの? [住宅ローン]

2017年も明けてはや1か月が経ちました。

新年当初は比較的時間に余裕があったのですが、
中旬から下旬にかけ相談が増え、
先週の土日などは合計6組のご相談をお受けしました。

その合間を縫うように、セミナーの講師をしたりと、
当ブログの更新も滞りがちになってしまった・・・
とちょっと言い訳モードなのでした(^^ゞ


さて、本日もご相談をお受けしたのですが、
そのご相談者も先日のセミナーの参加者。

セミナーは『銀行が教えたくない
低金利を活かした住宅ローンの借り方』というテーマで
 1.マイナス金利で住宅ローンはどうなってる?
 2.住宅ローンの金利は下げられる?
 3.諸費用ってどれくらいかかるの?
 4.銀行と交渉できる項目は何?
 5.住宅ローンのより有利な選び方は?
といったお話をしました。

で、その際、一つ大事なことをお話しし忘れたのでした。


本日のご相談者もそうですし、
もう一組セミナー受講者の方の個別相談をお受けしたのですが、
それらご相談者が異口同音に仰ったこと。

「住宅ローンって、いくつも銀行に申し込んでよかったのですか?」

そうなんです。構わないんですよ!


いたずらにたくさん申し込むことはお勧めしませんが、
申込をした銀行をキャンセルしてもペナルティはありません。

ですので、例えば土地の買い付け証明を出すなど
一刻も争う時には、まずは不動産会社のお勧めなど
早く申込できる銀行にとりあえず仮審査をしておきます。

そして、買い付けが通って無事に売買契約が締結できたら、
じっくりと他行も含めて比較検討すればよいのです。


セミナーでは「銀行を比較しましょう」とお話ししたものの、
このキャンセルできるということはお話しし忘れたため、
受講者の方からするとなんだかしっくりこなかったかもしれません。

失礼しました!


ただ、繰り返しになりますが、
下手な鉄砲も数打ちゃ当たる、ではありません。

手間暇もかかりますし、個人信用情報を傷つけてしまいます。
銀行に対してもさすがに失礼ですし、
そもそもそんなにたくさん申し込む意味はありません。

あくまでたくさんある銀行の中から、
2~3行に絞って申し込むものとお考え下さい。

(実際に草野がコンサルティングをお受けした方はほとんど、
 ベストな銀行1行に絞って申込みなさっています)



タグ:住宅ローン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

家計に役立つ「冬のライフプランセミナー」のご案内 [セミナーのお知らせ]

今週末、来週末と2週続けて
家計に役立つセミナーを開催します。

家計の総合相談センターの各分野の専門家によるセミナーで、草野も
『銀行が教えたくない 低金利を活かした住宅ローンの借り方』
をテーマにお話しします。

会場は、名古屋駅前のJPタワー3階。
参加無料ですので、お気軽にご参加下さい。


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
         ~ 冬のライフプランセミナー ~
        家計に役立つセミナー 全6講座開講
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

【住宅】1月29日(日)10:30~12:00
『銀行が教えたくない
    低金利を活かした住宅ローンの借り方』
 日銀のマイナス金利政策等の影響で、住宅ローンはいま記録的低金利
 となっています。その追い風の中で、変動金利と固定金利のどちらを
 選ぶべきか、また、よりお得に住宅ローンを借りる方法を、ファイナ
 ンシャルプランナーが解説します。

【税金】1月29日(日)13:00~14:30
『相続対策の有効な手段
     子や孫への生前贈与を考える』
 相続対策の有効手段として子や孫への生前贈与が注目されていますが、
 様々な贈与制度がありますので家族構成や資産の状況に見合った最適
 な活用法を選択したいところです。そこで、子や孫への贈与で利用で
 きる贈与制度を取り上げ、それぞれの効果や注意点を解説します。

【相続】1月29日(日)15:00~16:30
『平成29年度税制改正
     個人に関わる改正内容』
 12月初旬に平成29年度税制改正大綱が発表されました。配偶者控
 除の見直し、タワーマンション節税への歯止め等、個人に関わる改正
 内容を解説します。

【家計】2月4日(土)10:30~12:00
『今年知っておきたい、お金と投資の話』
 2016年はマイナス金利が大きな話題となり、さまざまな金融商品
 に影響がでてきました。2017年からは個人型確定拠出年金
 (iDeCo)の加入対象がひろがります。今知っておきたい、お金
 と投資の話をご説明いたします。

【保険】2月4日(土)13:00~14:30
『三大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)の
          病気を知り、病気に備える』
 ここ最近、三大疾病・所得保障保険に注目が集まっています。三大疾
 病は日本人の死因の上位を占めています。今回は、病気の特徴と社会
 保険制度をしっかり理解し、民間の生命保険で効果的に備える方法を
 解説いたします。

【年金】2月4日(土)15:00~16:30
『30歳代以下限定 俺たち年金もらえるの?』
 ●国の年金って得なの?損なの? ●保険料はどうしても払わなきゃ
 ダメ? ●払わなかったらどうなるの? ●とりあえず払っていれば
 大丈夫? ●もらうのは何十年も先だけど ●年金だけで生活できる?
 ●年金の他に何かやったほうがいいのかな・・・

  ・会 場 名古屋市中村区名駅1-1-1
       JPタワー名古屋 3階 ホール&カンファレンス
  ・主 催 家計の総合相談センター、住宅相談センター
  ・参加費 無料(予約制)
  ・問合せ 住宅相談センター
       TEL 0120-756-365(なごむ 365日)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅